動画でマスター!3~5歳(幼児期)の効果的な「仕上げ磨き」の仕方

5歳までの子どものむし歯(虫歯)経験者はどのくらい?

「仕上げ磨きはしているけど、磨けているかどうか心配」など、子育て中のパパやママにとって、子どもの歯磨きについての悩みは多いですよね。乳歯が生えそろい、いろいろな食べ物を食べ始める3~5歳の子どもは、25〜50%がむし歯になっています。

<1~5歳児のむし歯経験者率>

仕上げ磨きのポイントはここ!

むし歯になりやすい場所を優先的に磨こう

下記は、3歳の子どもがむし歯になりやすいところを歯面別に示したものです。

<3歳児の歯面別むし歯経験率>

「上の前歯」、「奥歯の噛み合わせ」、「歯と歯の間」は、むし歯になりやすいということが分かります。3~5歳のころは、子どもだけで上手に磨くことが難しいため、子どもが磨いた後に全体的な仕上げ磨きが必要です。特にむし歯になりやすい上記の部分を優先的に磨くようにしましょう。

動画でバッチリ!仕上げ磨きのテクニック

仕上げ磨きを効果的に行うためには、ポイントをしっかりおさえることが大切です。最初は「仕上げ磨きの姿勢」や「痛みを与えていないか」を意識することから始めてみましょう。
動画では、歯ブラシの当て方や動かし方、磨く時のコツなどを詳しくチェックすることができます。毎日の仕上げ磨きが適切にできているか、確認する機会にしてみてくださいね。

<3~5歳 仕上げ磨きのポイント>

基本的な姿勢

子どもの頭がふらつかないよう、優しく支えてあげましょう。

歯ブラシの持ち方

歯ブラシは、軽い力で磨ける「ペングリップ」(鉛筆の持ち方)で持ちましょう。

奥歯のかみ合わせの磨き方

歯ブラシは、軽い力で磨ける「ペングリップ」(鉛筆の持ち方)で持ちましょう。
奥から前に歯ブラシを動かして磨きます。奥歯のかみ合わせの溝には歯垢が入り込んでいます。1カ所につき20回以上磨きましょう。

上の前歯の磨き方

上の前歯を磨くときには、気をつけるべきポイントがあります。子どもの「上唇小帯」は厚みがあり、歯を磨くときに歯ブラシが当たってしまう場合があります。指を添えて、丁寧に磨いてあげましょう。

<歯の基本の磨き方>

歯を磨くときの基本のポイントについて、イラストでまとめました。大切な歯を守るためにチェックし、普段から意識しておきたいですね。

奥歯の外側・内側の磨き方

(左・外側の磨き方/右・内側の磨き方)

奥歯の外側や内側も「基本の磨き方」で磨きます。写真のように、外側と内側に歯ブラシを当てましょう。

前歯の裏側

前歯の裏側は歯ブラシを縦に当てて磨きます。

デンタルフロスで歯と歯の間を清掃

人指し指で頬をよけ、清掃する部分をよく見えるようにします。特にむし歯になりやすい、奥歯の2本の間、上の前歯2本の間は優先的に行いましょう。


お口の状態もチェック

定期的な歯科健診を受診するとともに、毎日の仕上げ磨きの時に、何か異常がないか確認しましょう。例えば、下の写真のように、歯が黒くなっているところや白く濁ったところは無いか、また歯茎がブヨブヨして赤みがあるところは無いかなど確認し、気になるところがあれば歯科医院で診てもらうとよいでしょう。

「第一大臼歯」(6歳臼歯)は、乳歯の奥歯のさらに奥側に生えてくることや、背が低い状態が1年~1年半続くので、意識をしていないと生えてきていることに気付きにくいのです。

生えてくる時期には個人差があるため、5歳を過ぎたころからチェックし、生えてきている場合はブラッシングを丁寧に行いましょう。

〜乳歯期の「歯磨きアイテム」を選ぶポイントは?〜

子どもの歯磨きに使用するアイテムを適切に選ぶことは、効果的、かつ効率的な仕上げ磨きにもつながります。「基本アイテム」の選び方をご紹介します。

歯ブラシ

子ども用の歯ブラシは様々な種類があります。選ぶときのポイントは、歯ブラシが口の大きさや使う人の手に合ったものであることが大切です。5歳までの子どもが自分で磨く時は、「乳歯期用」の歯ブラシを、保護者が仕上げ磨きをする時は、「仕上げ磨き用」の歯ブラシをそれぞれ用意することをおすすめします。

パッケージに記載してある年齢等の表示を確認して選びましょう。


子どもが自分の歯ブラシを噛んでしまうことはよくありますよね。多少噛むことがあっても、この時期は歯磨きに慣れることを目標してみましょう。仕上げ磨きでは、仕上げ磨き用の歯ブラシを使って歯垢を除去してあげましょう。

フッ素配合ハミガキ

むし歯予防のためには、フッ素配合ハミガキの使用が重要です。フッ素には、むし歯の発生と進行を防ぐ働きがあります。ハミガキ選びのポイントは、商品のパッケージに「フッ素」フッ化ナトリウムなど)と記載されているものを選ぶようにしましょう。

下記は、3~5歳の子どもの、ハミガキの「使用量」や「すすぎ時の水の量」の目安です。ハミガキに含まれるフッ素は、歯磨き後、口の中(歯、粘膜表面など)にとどまり、効果を発揮します。フッ素を口の中に残すため、すすぎは少量の水で1回行うようにしましょう。

※フッ化物応用研究会(編)
「う蝕予防のためのフッ化物配合歯磨剤応用マニュアル」2006を一部改
他にも、子ども用のハミガキは子どもが親しみやすい香味やキャラクターのパッケージなど、色々な種類があります。子どもと楽しく選びましょう。

デンタルフロス

保護者が子どもにデンタルフロスを行う際、片手で頬をよけ、もう一方の手でデンタルフロスを操作すると、清掃する部分をよく見ながら行うことができます。片手でデンタルフロス持つことができて、奥歯にもラクに届く「Y字タイプ」のデンタルフロスがおすすめです。