サツドラの管理栄養士・栄養士が教えるヘルシーレッスン

「大人ニキビ」食生活から予防しよう!

栄養士 野上

サッポロドラッグストアー

栄養士 野上

「大人ニキビ」という言葉、よく耳にしませんか?

ニキビは青春のシンボルと言われますが、最近では成人になってからもニキビに悩む方が増えています。また、青春時代に全くニキビに縁がなかった人でも大人になってニキビができ始めたというケースもあります。
私も青春時代にニキビに悩まされ、色々なスキンケアを試してみた一人です。ニキビができることは本当に辛いですよね・・・。今回は思春期ニキビと比べて治りにくく繰り返してしまう「大人ニキビ」についての原因と予防改善方法についてご紹介したいと思います。

まずご存知の通り、ニキビが出来やすいのは10代の頃です。
性ホルモンのバランスが崩れやすい10代は皮脂の過剰な分泌が大きく影響し、額・頬などにニキビができます。こちらの方は、ニキビの原因である雑菌が繁殖しないようにお肌を清潔に保つようにすると軽減します。しかし、大人ニキビはその他の影響、例えば環境やストレス、食生活の乱れ、生活習慣などが複雑に絡み合っていることが大きな要因となっています。

その中でも、ストレスを溜めると男性ホルモンが過剰に分泌し、髭の生えやすい顎周り、また胸毛が生える胸やその他に背中などに出来る場合があります。根本的に思春期ニキビと大人ニキビの皮脂が過剰に分泌して出来るメカニズムは同じなので、後は大人ニキビを作り出す要因を改善してあげることが大切だと思います。その方法として、外からのスキンケアの他に内からのケアの食生活改善もかなり効果的だと考えます。

おすすめの栄養素は「ビタミンB2」と「ビタミンB6」!

ニキビの予防におすすめの栄養素は、ビタミンB群で中でもB2とB6が特に重要です
ビタミンB2はたんぱく質の働きに関係していて肌を丈夫に保つ効果が、ビタミンB6には健康な肌を維持すると同時に免疫力を高める効果もあります。どちらも皮脂腺の働きを正常に促す作用があるのでまさに、ニキビ予防には欠かせない栄養素といえます。

ビタミンB2を含む食品として、うなぎや海藻、卵やヨーグルトレバーなどに多く含まれています。ビタミンB6は、小麦胚芽やレバー、大豆、まぐろやサバ等の魚に豊富です。レタスやきゅうりなど生野菜サラダばかり食べてもニキビ対策に必要な栄養素が十分に得られないので注意してください。野菜中心の食事にしたいのなら、かぼちゃやほうれん草などの緑黄色野菜を加熱して摂取するのもオススメです。

バランスのとれた食事や食生活の心がけが大事

十分な栄養を食事から摂れている自信がないならサプリメントも役立ちます。他にも肌に良い栄養素といえば、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどがあります。
しかしビタミン剤は天然のビタミンに比べると吸収が悪いので、できる限り食べ物で摂るように心がけましょう。よく刺激のあるニキビが出来やすいおやつ(チョコレートやピーナッツ)や油分の多いスナック菓子などニキビの原因といわれていますが実は科学的根拠があるわけではないそうです。ですが摂りすぎは栄養バランスが崩れてしまいますから、野菜をたっぷり摂る食事を心がけ栄養バランスに気をつけて予防したいですね。

また、ストレスを上手に解消することもニキビ予防対策になります。カラオケに行ったり、適度な運動をしたり、仲の良い友達とおしゃべりをするなど上手くストレスを解消することができるとニキビ予防ができますよ。


大人ニキビで悩んでいるみなさん。スキンケアを色々変えてみるのもいいですが、食生活や日頃の生活習慣も見直してみてはいかがですか♪♪