サツドラの管理栄養士・栄養士が教えるヘルシーレッスン

冬のダイエット!成功法則★☆★

管理栄養士 垣見

サッポロドラッグストアー ヘルシーワンスタッフ

管理栄養士 垣見

冬にスタートするダイエット!

だんだんと寒くなってきましたね…。そんなこれからの季節は美味しいものが盛りだくさん♪毎年この時期になると太りやすくなる方、いるのではないでしょうか…。何より私もそんな1人…。そんな誘惑の多いこの時期をうまくやり過ごす為のダイエットのコツを今回は少しご紹介致します☆

そもそも皆さんは、夏と冬ではどちらの方が太りやすいと思いますか? なんだか夏の方が汗もかきやすいし、食事もあっさりしているものを好みやすいので、夏の方がやせやすい!と思われがちです。 そして冬の方が脂肪を溜め込みやすいと思いがち。でも実は、体のしくみは"夏"よりも"冬"の方がやせやすい状態なんです!

そのキーワードとは・・・"基礎代謝"にあります! "基礎代謝"とは、心臓を動かしたり脳を働かせたり、体温を調節したり…と、体を動かさなくても、生きる為に常に行なっている最低限の活動のこと。冬になり気温が下がると、体はそれに対抗するために体温を上げようとします。つまり代謝が高まっていきます!この代謝は食べたものや余分な脂肪をエネルギー源としてどんどん使うので、その結果、体脂肪の減少へとつながっていきます。 ということは…『冬になる今こそ!ダイエットしやすい時期!!』なんですね☆

でも、どうして冬になると太ってしまうんでしょう… その正体はというと…、それはやはり『食べ過ぎ』と『動かな過ぎ』なんです。

旬のものやイベントなどで誘惑の多いこの時期はどうしても食べる量が増えがちです。しかも寒さゆえに家の中や温かい場所に閉じこもりがちになり活動量も減ってしまいます。そんな"食べ食べモード"と"のんびりモード"が冬太りの2大正体です!

秋冬に!痩せる体の上手な作り方

Point① 体を冷やさない!!
冷え性の方は特に要注意。冷えはダイエットの大敵!!です。
血流が悪くなると、代謝が鈍ります!しかも手足だけでなく内臓まで冷えてしまうと、代謝活動が鈍りさらにやせにくくなります。冬にはとくに下半身、お腹周りは冷やさないようにして、食事では温かいものを中心としましょう。根菜やねぎ、ニラや生姜、ニンニク、香辛料などは体を温めますので、これらをうまく活用するのがポイント。
逆に生野菜や熱帯地方の果物などは体を冷やすとされますので注意が必要!たっぷりの薬味、香辛料などを入れた温かいスープなどで体も心も温まってください♪

Point② 思い切って外に出て、できるだけ運動量を高めよう!
理想は夏場と同じくらいの運動量!ただ、なかなか運動するのが難しい方は、せめて休日などには外に出て体を動かしましょう。案外思い切って外に出てみると、爽やかな外の空気が心も体もリフレッシュさせてくれますよ♪

Point③ お風呂の時間も有効活用★
湯船に浸かっている時も代謝が高まっている時間帯。水分補給をしながらなるべくゆっくりと湯船につかり、たくさんの汗をかきましょう。
運動ができない時こそ、こういう時間をうまく活用するのがダイエット成功の秘訣です!

Point④ 食べ過ぎてしまったら、次の日にしっかり調整!!
脂肪はついてすぐの時ほど落としやすく、蓄えている時間が長くなるほど落としにくいので、早めに手を打つのが秘策。飲み会などで食べ過ぎてしまったその翌日は、ボリュームと油を抑えた"軽めの食事"にしましょう。 とはいえ、食べる量を極端に減らすことは、栄養が不足して逆に代謝がにぶる原因となるので、バランスはとても大事です。 そんな時の私のオススメ料理は、冬ならでは"鍋料理!" 油も使わずヘルシーで野菜もたっぷり摂れる、さらには魚介類や豆腐などを加えると、栄養は格段と上がります☆しかも体の芯から温まるので一石二鳥です♪ぜひお試しください☆
また最近ではスーパーなどで、手軽に食べられるスープや、種類豊富なおかゆなども数多く出ています。特に雑穀などが入っているものは低カロリーな上、栄養も満点ですので、遅めの夕食や小腹が減った時にはこれらを活用するのもオススメです!


秋冬は何かと誘惑が多い季節ですが、ダイエットのために"我慢をする!"ということよりは、食べたら"動く!"もしくは"調節する!!"などで毎日気を付けていく方が、リバウンドのないダイエットになります! 何より"食べる"ことは体の栄養素でもありますが、心の栄養でもあるんです♪♪