サツウェブ

loading
家事 2018/06/21

実は手軽!スポンジ・まな板の簡単除菌方法

毎日使うキッチン用品は、いつも清潔に保ちたいですよね。
スポンジはしっかり乾いていないと菌が繁殖しやすく、菌だらけのスポンジでキッチン用品を洗うと菌を広げてしまうことになります。
まな板は食材を直に置くため、菌がついた食材から別の食材へ菌が付着する二次汚染が起こりやすいので注意が必要です。
食中毒を防ぐためにも、スポンジやまな板はしっかりと除菌をしましょう。

ここでは、簡単な除菌方法について紹介します。

どうしたらいい?スポンジ・まな板の効果的な除菌

食中毒を予防するためには、食材や調理器具に菌をつけたり広げたりしないことが基本になります。

そして、キッチンの中に潜んでいる菌は、繁殖させずに除菌することが大切です。

スポンジやまな板の除菌方法には、いくつか種類があります。
煮沸消毒や、熱湯をたっぷりかけて流す方法は効果があるといわれていますが、除菌をするたびに大量のお湯を沸かすのは面倒という人もいるかもしれません。
また、塩素系の漂白剤を使った除菌の場合、黒ずみなどが目に見えて落ちてきれいになりますが、塩素のにおいが気になるため頻繁には行わないといったケースもあります。
そのような場合におすすめしたいのが、台所用洗剤を使った除菌方法です。
ただし、台所用洗剤なら何でもよいわけではなく「除菌のできる台所用洗剤」を選ぶことと、正しい方法で除菌を行うことが重要になります。
「除菌」という表示のある台所用洗剤は、表示がない台所用洗剤に比べて、除菌効果の高い成分が配合されているからです。

スポンジは菌だらけ?使用後はしっかり除菌しよう!

キッチンで使うスポンジは、湿気を好む菌にとっては家の中でも最大の繁殖場所になってしまいます。

食器洗いが終わったら、スポンジもしっかり除菌しましょう。
まず、スポンジに残っている汚れや泡をよくもみながら落として流水でしっかり洗い流します。
油のべたつきが残っているときは、洗剤を足してきれいに落としてからすすぎます。

スポンジをかたく絞ってから、除菌効果のある台所用洗剤の原液をなじませます。
そして、風通しの良い清潔な場所にそのままスポンジを置いて乾燥させましょう。
スポンジが複数ある場合は、重ねずに保管します。多くの菌は湿気を好むため、スポンジが乾燥していると菌は増殖できません。
スポンジはいくつか置いて、完全に乾いたものから使うようにするとより衛生的になります。

清潔なまな板で調理しよう!除菌の手順とは?

まな板は、調理の中で食材を直に置くものなので、使用後は早めに洗って除菌をしておくと安心です。

まず、台所用洗剤をつけたスポンジで両面をきれいに洗いましょう。
包丁でついた目立つ傷は傷目にそって洗い、泡が残らないようにまな板を水で充分にすすぎます。
次に、台所用洗剤を8ml(小さじ2)ほど垂らして、フライ返しなどヘラ状のもので全体に伸ばします。
20分ほど置いてから水で洗い流し、最後は、水気を清潔なふきんで拭き取ってから衛生的な場所で乾燥させましょう。

ただし、木製のまな板の場合は洗剤が染み込んでしまう可能性があります。
木製のまな板は、スポンジできれいに洗ったあと熱湯で消毒するか、水気を拭き取ってから100%食品用原料のアルコール除菌スプレーをかけてよく乾燥させるといいでしょう。

生の肉や魚には、多くの細菌が潜んでいます。

肉や魚を切ったときにまな板につく動物性の脂は、水で洗い流すだけではきちんと落とせないため菌が繁殖しやすくなります。
まな板で肉や魚を切ったあと、洗浄や除菌が不充分なままで違う食材を切ると二次汚染を起こすこともあるので注意が必要です。

また、包丁で表面にできた傷は汚れが入り込むので、菌が繁殖しやすい場所になります。
大きな傷やシミが目立つまな板は、早めに交換するようにしましょう。

表示をチェック!除菌ができる洗剤を選ぼう

台所用洗剤に「除菌」と表示するには、公正取引協議会が定める一定の基準をクリアする必要があります。
メーカーは、規約にそった方法で除菌の試験を行い、科学的に実証しなくてはならないのです。

しかし、さまざまな種類の菌が数多く存在しているので、すべての菌種に効果を確認することはできません。
そのため、使う人に誤解がないように、洗剤のラベル表示には除菌の対象物、使い方などがきちんと明記されています。
スポンジの除菌に適しているものなど、洗剤の用途には違いがあるため、目的に合わせて選ぶと効果的です。
普段使っている台所用洗剤の表示を確認してみることをおすすめします。

正しい方法で除菌して清潔なスポンジ・まな板を使おう!

食中毒予防には、つけない、増やさない、やっつけるという原則が重要です。

スポンジやまな板は菌がつきやすく、汚れが残ったまま放置すると菌はどんどん増えてしまいます。
正しい方法で、菌を増やさずにやっつける習慣を身につけましょう。

また、洗剤の表示内容をきちんと理解しておくと、洗剤を選ぶときに役立ちます。
菌を減らす効果のある「除菌」に対し、「抗菌」は、菌が増えないように抑える効果をいいます。
除菌効果のある台所用洗剤で、スポンジ・まな板を清潔な状態にして気持ちよく使用するようにしましょう。