サツウェブ

loading
美容 2018/07/12

お家で簡単に出来るムダ毛処理のコツとは?

家でムダ毛処理をする場合、カミソリで剃る方法と、除毛クリームを使用する方法とがあります。
では、この2つの方法でキレイにムダ毛を処理するにはどうしたらよいのでしょうか。
カミソリと除毛クリームそれぞれのメリット・デメリットと、ムダ毛処理のコツについて紹介していきます。

カミソリのメリット・デメリットとは

カミソリでのムダ毛処理は、自宅で手軽におこなえる点がメリットです。
シェービング剤とカミソリさえあれば入浴のついでにできるので、手間がかかりません。
また、エステで施術したり、脱毛器を買ったりするよりも費用も安く抑えられるというメリットもあります。

カミソリのデメリットとしては、剃ったあとに毛の断面が残るため、かえって肌表面に黒いポツポツが目立ってしまうということがあげられます。

また、カミソリでの脱毛は根本から毛をなくしているわけではありません。
よって、処理してもすぐに毛が伸びてしまい、すぐにまた剃らなければならなくなるというデメリットもあるのです。

除毛クリームのメリット・デメリットとは

除毛クリームを使ってムダ毛処理をする場合は、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

除毛クリームは、剃るのと違って毛の奥の部分を溶かすので、カミソリで処理するよりも跡が目立たず仕上がりがきれいです。
また、毛を溶かすことで毛先が柔らかくなっているため、処理した後の毛先でチクチクすることがないというメリットがあります。

デメリットは、毛を溶かす成分が肌に合わない場合があるということです。
また、塗布した後に時間を置く必要があるため、カミソリよりは手間がかかります。

除毛クリームを正しく使ってキレイな肌に!

除毛クリームは、ちょっとしたコツさえ意識すれば、キレイに除毛することができます。

まず、使う除毛クリームが自分の肌に合うかどうかを調べるために、必ずパッチテストをおこないましょう。
除毛クリームを腕の目立たない部分に10円玉くらいの大きさに塗ります。そして、10分ほど待ってから洗い流します。
それから1日経って、かゆみや腫れなどの異常がなければ大丈夫です。

万が一、かゆみや赤みなどの症状が出た場合は使用を中止しなければなりません。

除毛クリームは、お風呂に15分程浸かってから使用するようにしましょう。
身体を温めることで毛穴が開き、クリームが浸透しやすくなります。

除毛クリームを塗る時は、付属のヘラやスポンジを使って、肌に均一に塗っていきましょう。
塗り終わったら、上からラップを巻き、10分~15分ほど待ちます。こうすることで、毛穴への浸透が促されます。
時間が経ったら、付属のスポンジやタオルでクルクルと円を描くような感じでやさしく拭き取りましょう。
すべて拭き終わったら、シャワーで洗い流して終了です。

カミソリは身体の部位別に使い分けよう

カミソリを使用する時は、部位ごとに合ったカミソリを使うようにしましょう。

処理する範囲が広い手足のムダ毛には、刃の幅が広い3枚刃のT型カミソリを使います。
ワキなどのデリケートな箇所の処理には、小回りのきくI字型カミソリを使いましょう。

I字型カミソリは細かい部分を剃るのにも適しているため、顔の産毛処理にも向いています。

カミソリでムダ毛処理をする時は、シェービング用のクリームもしくはジェルを使いましょう。
カミソリの刃によるダメージから肌を守り、トラブルを防止する効果があります。

また、カミソリで剃った後は肌がとてもデリケートな状態になっているので、必ず化粧水や乳液でしっかりと保湿しましょう。

ムダ毛の処理後は保湿を忘れずに!

カミソリと除毛クリームは、どちらもメリット・デメリットがあります。

それぞれの特徴をよく踏まえたうえで、自分の肌質に合った方法でムダ毛処理をするようにしましょう。

カミソリと除毛クリームのどちらを使用した場合でも、処理後は必ず保湿をしっかりおこなうのがポイントです。
肌を乾燥させたままにしておくと、剃り跡や毛穴のダメージとなり、肌トラブルの原因となる可能性があります。

ムダ毛の処理が終わっても気を抜かず、保湿ケアまできちんとすることが肌を美しく保つ秘訣なのです。