サツウェブ

loading
美容 2018/12/06

お肌が喜ぶ冬のあたたか鍋!

最低気温がマイナス10℃を下回ることも珍しくない北海道の冬は、あったか鍋が楽しみのひとつではないでしょうか。簡単に調理ができるだけでなく、通勤・通学で冷え切った家族の体もあたためる、みんなにうれしい料理です。鍋はバリエーションが豊富なことも魅力のひとつですが、今回は、お肌が喜ぶ鍋やレシピを紹介していきます。

鍋で体の中からきれいになろう!

「美は食から」という言葉があるように、美しさは体のなかから作られます。どれだけ質の良い化粧品やエステでお肌のケアをしても、栄養が偏っていては台無しです。わたしたちのお肌は、新陳代謝によって日々新しい細胞が生まれています。肌の細胞は内側から外側に移行するため、内側の若い細胞のうちにしっかり栄養を与えておくことが大切なのです。
特に、冬は乾燥する季節なので外側だけでなく、内側からもしっかりケアしたいものです。冬に作る機会が増える鍋でお肌をいたわってあげることができます。普段の食事では家族の健康を考えた栄養を重視している人も、冬はお肌のための栄養を重視した鍋にしてみましょう。

郷土料理で美しく!「酒粕入りの石狩鍋」

北海道の郷土料理といえば石狩鍋ですよね。実は、石狩鍋に入っている鮭は、お肌が喜ぶ具材のひとつです。鮭には、アンチエイジングにぴったりといわれているアスタキサンチンやコラーゲンが含まれています。アスタキサンチンは鮭の赤い身の部分に含まれていて、優れた抗酸化作用があります。コラーゲンはお肌の弾力を保つために必要な栄養素として知られていますよね。

スーパーフードとも言える鮭が入っている石狩鍋に酒粕をプラスすることで、さらにお肌に嬉しい鍋になります。酒粕は、筋肉や髪の毛など体をつくるたんぱく質や、美しい肌のためには欠かせないビタミン・ミネラルが含まれている食材です。鮭と酒粕を使った郷土料理でお肌にアプローチできますよ。

食材は生鮭の切り身のほか、豆腐、白菜、きのこなどお好みの野菜を準備しましょう。スープの分量の目安は4人分で、だし汁3カップ、牛乳1カップ、みそ大さじ2杯、酒粕100gです。鍋にスープの材料を入れて煮立ったら鮭と硬い野菜から順番に入れて、煮込みながら食べましょう。

イソフラボンたっぷりの「豆乳鍋」

まろやかでおいしい豆乳鍋もお肌が喜ぶ鍋です。具材には、豆乳とおなじ大豆製品の豆腐や厚揚げ、ビタミンが豊富な豚肉を入れましょう。豆乳・豆腐・厚揚げには女性の味方、イソフラボンが豊富に含まれています。イソフラボンは女性ホルモンのひとつである、エストロゲンと似た働きをする栄養素です。エストロゲンは新陳代謝を促しつつ、コラーゲンの生成を助けて美しい肌をサポートしてくれます。また、骨粗鬆症や生活習慣病の予防も期待できるといわれているので、健康面でも注目したい栄養素ですね。 豚肉にはたんぱく質やビタミンが含まれています。たんぱく質は筋肉や皮膚、髪の毛、臓器など体のあらゆる部分をつくっていますが、体内でつくり出すことができません。そのため、食べ物から摂取しなければいけない栄養素です。

準備する食材は4人分で豆腐1丁、うす揚げ1枚、厚揚げ4個、豚肉はお好みで、野菜も入れると彩りも良くなります。スープは無調整の豆乳と水をそれぞれ500ccずつ、鶏ガラスープの素が大さじ2杯です。まず、鍋に鶏ガラスープと水を入れて溶かしてから豆乳を加えておきます。それから、具材を入れて火をつけて煮込みましょう。スープが温まってくると、ゆばができるので具材と一緒に楽しめます。

おいしいだけじゃない!「トマト鍋」

ほのかな酸味とコクが魅力のトマト鍋は、おいしいだけではありません。トマトにはお肌が喜ぶβ-カロテンと、リコピンが含まれています。β-カロテンは抗酸化作用や免疫賦活作用があるといわれている栄養素です。リコピンにはβ-カロテンよりも強い抗酸化作用があり、脂溶性なので加熱して油分と一緒に摂取すると効率良く摂取できるといわれています。トマトは鍋で食べるのがぴったりな食材です。ほうれん草には鉄分のほか、β-カロテンやコラーゲンの生成を助けるビタミンCが含まれています。かぼちゃにもβ-カロテンが含まれており、食物繊維もあるので腸内環境を整えるためにも向いている食材です。具材を食べ終わったらスープにご飯とチーズを入れてリゾットにするのも良いでしょう。チーズにはたんぱく質が豊富なので、締めまでお肌のための栄養素が摂れます。

準備する食材は、4人分でトマトの水煮缶200g、お好みの野菜やお肉、魚です。スープは水500ml、固形コンソメ2個、砂糖小さじ1杯、オリーブオイル大さじ2杯、塩コショウとにんにく適量で作ります。はじめに、オリーブオイルとにんにくを鍋に入れたら加熱し、香りが出たところでトマトの水煮缶やほかのスープの材料を加えて煮込みましょう。それから、野菜やお肉を加えて火を通したらできあがりです。豚肉やウインナーはもちろん、シーフードや餃子を入れてもおいしいですよ。

おいしい鍋でお肌もケア!

郷土料理の石狩鍋をはじめ、女性からの人気が高い豆乳鍋やトマト鍋は簡単にできる美肌鍋です。鍋は簡単でどんな具材でもおいしく食べられるので、とりあえず冷蔵庫に入っているものを入れて作ることもありますよね。しかし、せっかくなら今回紹介した具材を意識して入れてみましょう。

鮭や大豆製品、トマトというと健康に良いというイメージがあるかもしれませんが、実は、お肌にも良い食材です。鍋がよりおいしく感じる寒い季節、体を温めながらお肌もケアしましょう。