サツウェブ

loading
子育て 2018/12/13

子どもと初めての雪遊びを楽しもう!冬に外で遊ぶことのメリットや注意点

小さな子どもにとって、初めての雪遊びは心躍る忘れられないできごとになるでしょう。どんな遊びをすれば家族で楽しめるのか、雪遊びをする際にどんなことに気を付ければ良いのか気になりますよね。寒い冬に雪遊びで身体を動かすということは、身体面にも精神面にもメリットがあります。この記事では、初めての雪遊びにおすすめの遊びや雪遊びをする際の注意点などを紹介します。

小さな子どもと一緒に楽しめる雪遊びとは?

初めて雪に触れる子どもにとっては、触ったり雪の上に倒れこんだりするだけでも楽しい遊びになります。小さな雪だるまや雪ウサギなどを一緒に作って写真を撮ることで、思い出作りにもなりますね。小さな子どもが挑戦しやすい雪遊びとして、そりが挙げられるでしょう。そりは購入しなくても、大きなポリ袋などで代用することもできます。初めてそりをするときには、坂の傾斜がなだらかな場所を選びましょう。家族で思いきり身体を動かして楽しみたいなら、雪合戦がおすすめです。兄弟がいる場合には、初めて参加する子どもに合わせたルールをつくるなど配慮したいですね。

子どもと初めてのスキーを楽しむ際には、親はストックを持たず板だけ履くようにしましょう。子どもが転倒しそうになったときなどに、親は両手が空いているほうがとっさに手を出して助けられます。スキーをする際には、傾斜がなだらかで人が少ない場所を選ぶことがポイントです。まずは板で雪の上を歩くことから始め、正しい姿勢のとり方や滑り方はゆっくりと時間をかけて教えるようにしましょう。身体が動きやすいように、子どもの身体のサイズに合ったスキー用具を選びたいですね。

雪遊びをするときの注意点

家族で雪合戦などを楽しむときには、雪玉を固く握らないようにすることがポイントです。柔らかくすぐに崩れるくらいの硬さの雪玉にすることで、頭や顔に雪玉が当たってしまった場合でも怪我を防ぐことができるでしょう。子どもが雪玉を投げるときには、周りに人がいないかなども配慮したいですね。また、小さな子どもは雪遊びに熱中してしまうと雪で身体が濡れてしまっている場合でも、気付かずに長時間遊び続けてしまうこともあります。風邪をひかないよう、雪遊びをする際はタオルや着替え一式などを持参し、洋服や下着が濡れてしまっていないかチェックするようにしましょう。

北海道などの寒さの厳しい地域では、手足がしもやけになってしまう可能性もあります。防水の手袋や丈が長めのブーツなどを着用させ、寒さ対策を忘れずにするようにしましょう。丸一日外で雪遊びをする際には、スキーウェアのような防水性能があるものを着せることをおすすめします。中綿入りのスキーウェアを着ることで、防寒対策にもなります。つなぎタイプのものであれば、衣類の中に雪が入ることを防ぐこともできますね。スキー場などでは、子どもサイズのスキーウェアのレンタルをすることもできます。スキーウェアを着せる際には、中に着せる衣類を重ね着しすぎないよう注意しましょう。体温調節ができず、のぼせてしまう可能性もあるためです。 薄手のヒートテックを下着に着せるなど工夫するようにしましょう。また、忘れがちなのが照り返しによる雪やけです。こまめに日焼け止めを塗るように心がけたいですね。

雪遊びをするメリット

寒さが厳しい冬には、外に出ることもおっくうになり、運動不足になりがちです。年末年始についつい食べ過ぎてしまって、太りやすい季節でもありますよね。雪遊びは、外で身体をおもいきり動かす絶好のチャンスです。雪遊びはカロリーを多く消費するため、運動不足解消や体型維持にも効果的です。大人にとっても、童心に帰って子どもと外遊びをするということはリフレッシュになるでしょう。また、小さなこどもにとって初めて触れる雪と家族で遊んだ経験は、かけがえのない思い出になります。冬の日の思い出作りに、ビデオや写真などに残すことで後から見返すこともできますね。

初めての雪遊びを忘れられない体験にしよう

北海道などの豪雪地帯では雪のある景色は日常ですが、小さな子どもにとっての雪遊びはかけがえのない初めての体験になります。大人にとって見慣れた雪も、小さな子どもにとっては新鮮な楽しいおもちゃのように映るでしょう。かけがえのない1日にするためにも、小さな子どもが雪遊びをする際の注意点などもしっかりと理解したうえで楽しみたいですね。「さっぽろ雪祭り」などに家族で出かけて、雪像を楽しみながら雪に触れるのも良いでしょう。怪我や体調不良などに気を付けることを忘れず、家族で思いきり雪遊びを楽しみましょう。