サツウェブ

loading
健康 2017/12/20

不眠とイライラ

快適な睡眠は人生のオアシス

ご存知でしたか?「人生の3分の1は睡眠の時間だ」と…。

皆さんもご存知のとおり睡眠のもつ効果は、昼間のストレスや疲労があったとして、きちんとした睡眠をとることによって気持ちの良い朝を迎えることができたり、また、免疫が高まったりと、計り知れない力をもっています。
しかし、5人に1人が睡眠不足を訴える現代。
睡眠の時間が不眠症の人にとっては、逆眠れないというストレスを溜め込む時間になってしまったりしています・・・。
皆さんは毎日ぐっすり眠れていますか?今回はこの「不眠とイライラ」の解決法についてご紹介します!!

眠りにつけない時の対処方法

不眠の原因は様々ですが多くは何らかのストレスを感じることで脳が覚醒状態(起きている状態)となって眠りにつけないということが多いようです。1番の解決法はこの滞在意識のストレスを取り除くことにありますが、なかなかそうも行かないのが現実。しかし、このストレスを和らげる方法というのはいろいろとあるんですよ!
そのキーワードは、「あたためる」と「リラックス」です。

ストレス防御3大栄養素をとろう

注目栄養素は、ビタミンB1、ビタミンC、カルシウム。
これらは脳内物質の代謝をよくし情緒を安定させるために欠かせません。不足すると精神的な能力低下、イライラ、不眠を引き起こしてしまいます。

・ ビタミンB1を含む主な食品は、豚肉、玄米、しいたけ、にんにく、小豆など。ねぎ類やニラなどの「硫化アリル」を含む食品と一緒にとると、吸収が良くなります。例としては、レバニラ炒め、酢豚。

・ ビタミンCを含む食品は、柿、いちごなどの果物、カリフラワーなど。サラダとして1品プラスや食後のデザートとして取り入れてみましょう。

・ カルシウムを多く含む食品は、いわし、牛乳、チーズ、かいわれ大根など。よくホットミルクを寝る前に飲むといいのはこのことからですね! なかなかバランスよく食事を改善することが難しいという方にはサプリメントがお勧めです。その時は栄養士・管理栄養士の滞在するサツドラにぜひ来てご相談ください!

リラックス効果を上げる入浴法

あまり熱いお湯だと交感神経が刺激され、リラックス状態が得られにくくなるのでちょっとぬるいかな~というお湯にゆっくりつかると効果的テキメンです。後はお気に入りの入浴剤を入れるとお風呂の時間も楽しくなりますし、お湯につかりながら好きな歌を2・3曲歌うとストレス発散効果は倍増しますよ♪♪

軽いストレッチを行う

寝る前に軽いストレッチをすると血行が良くなり手足の皮膚温が上がります。からだ全体もほんのりと暖かさを感じることで本当に心身からリラックスができます。布団の中で寝たままでもいいので少しだけ手足をストレッチしてみましょう。

あとは、体が温まるからといって、コーヒー、紅茶、緑茶、また、疲れを残さないようにと栄養ドリンクなどといったカフェインが含まれているものをたくさん飲むことは精神が興奮するので控えた方がよいでしょう。よく知られている、睡眠薬やアルコール類で眠りを促す手段もありますが、それは一時的なものであり、摂り過ぎることで依存してしまう恐れがあることを忘れずに、上手に付き合っていきましょう。

今回ご紹介した方法は身近にできる快眠法です。人生の3分の1が砂漠になるかオアシスになるか。。。 毎日コツコツ習慣で自分の人生をコントロールしてみてはいかがですか☆★