サツウェブ

loading
健康 2017/01/15

自然治癒力を高めるコツ

免疫力とは?

皆さんが幸せを感じる時とは、一体どのような時なのでしょうか? 美味しいものを食べているときや趣味などを楽しんでいるときなど、人によって様々だと思います。しかし、病気に罹ってしまうとどうでしょうか?どんなに美味しいものも食欲がなくなって食べられなくなったり、趣味なども具合が悪くてそれどころではなくなったりしてしまいますよね。

つまり、身体が健康であるということは、何よりも幸せなことだと思いませんか・・・? しかし、健康な時ほどそういったことを忘れがちになってしまいます。病気に罹って後悔する前に、今一度自分のライフスタイルを見直して、病気に罹りにくい身体づくりをしていく! これはとても大事なことだと思います。
そもそも、私たちがなぜ健康な身体を保っていられるのでしょうか・・・?それは身体に備わっている"免疫力"のおかげなのです!

では免疫力とは何か・・・? 免疫力とは、ヒトの体外から入ってきた異物(細菌やウイルスなど)や、体内で発生してしまったガン細胞などの異物から、身体を守ろうとする力のことです。 免疫系では特に"白血球"が重要な役割をしています。そこに存在している顆粒球やリンパ球、マクロファージといった免疫細胞が、異物に対して攻撃をしかけ戦うことで身体を守ってくれています。そのため、免疫力が低下するということは、当然異物に立ち向かう力が弱まるということで、病気に罹りやすくなってしまうのです。

免疫力を上げるためのコツとは・・・?

1、ストレスを溜めこまないこと

免疫と自律神経はとても深く関係しています。 "自律神経"とは、呼吸や血液循環、消化などの生命を維持する上で重要な働きを担っている神経のことです。交感神経と副交感神経の2つを指し、活動時には交感神経が、リラックス時には副交感神経が働き、身体の様々な調節に関わっています。ストレスにより、この"自律神経"のバランスが崩れてしまうことで、免疫機能のバランスも崩れさせてしまうことから、免疫力の低下につながってしまいます。

2、しっかりと睡眠をとること

睡眠時は身体がとてもリラックスした状態になり、免疫機能も活発になります。風邪をひくととても眠たくなったりしますよね?! これは身体が免疫力を高めようと働きかけるためのメカニズムのひとつでもあるんです!

3、身体を冷やさないこと

平均体温が1℃下がると免疫力が約35%下がるといわれています。逆に平均体温が1℃上がると、免疫力が60%も活性化するともいわれており、風邪をひいたときに熱が出るのも、体温を上げて免疫力を高めようする防衛反応といわれています。

4、バランスのとれた食生活を心掛けること

もちろん、免疫力をアップさせるのに食生活は大きく関わってきます!大切なのは、 食事のリズムを整えること 決まった時間に食事をとることで自律神経も整い、免疫力アップにつながります。

●よく噛んで食べること

唾液には食べ物を消化する働きだけではなく、殺菌作用も期待されます。よく噛めば噛むほど唾液が多く分泌されて、外からの異物の侵入を防ぐことができます。

●栄養バランスのとれた食事を心掛けること

ヒトの体では絶えず古い細胞から新しい細胞へと入れ替わっています。それが免疫をつかさどる免疫細胞だと、1日に約100億個もの細胞が入れ替わっていると言われています。 新しい細胞を作り出すには様々な栄養素が必要となるため、バランスのとれた食事をとることはとても大切なことなんですよ! また、免疫力アップのためには、特に次の栄養素を積極的に取り入れていきましょう。

・たんぱく質・・・細胞の材料となっているのはたんぱく質から得られる"アミノ酸"です。肉や魚、大豆製品や卵から良質なたんぱく質を摂取していきましょう!

・ビタミンB2・・・たんぱく質がスムーズにエネルギーに換わるのを助けたり、細胞が新しく生まれ変わる際に必要な栄養素です。レバーや納豆、魚介類などに多く含まれています。

・ビタミンA・・・にんじんやかぼちゃ、レバー、うなぎなどに多く含まれており、皮膚や粘膜を丈夫にすることで、外からの病原菌の侵入を防ぎます。

・亜鉛・・・免疫反応にかかわる酵素の成分となります。牡蠣や牛肉、豚肉などに多く含まれている栄養素です。 また、ハーブの中にも免疫力を上げてくれるものがいくつかあり、代表的なものに、エキナセアやカモミール、セージやタイムなどがあります。これらは、ハーブティーやサプリメントで簡単に摂取することができるので、興味のある方は是非試してみてはいかがでしょうか。

普段の生活をちょっと見直すだけでも、免疫力を上げることにつながります。 無理なく取り入れて、病気知らずな身体を目指しましょう!!