サツウェブ

loading
健康 2017/11/01

冬本番目前!免疫力を高めて、寒い冬を乗り切ろう!!

11月になり、そろそろ北海道の長い冬が始まります。毎日の雪かきや、雪下ろし。考えるだけで、身体も気持ちもどっと疲れますよね。
そんな北海道の過酷な冬を乗り切る為に、免疫力を高めて、疲れにくい健康的な身体を手に入れましょう!!

そもそも免疫力ってなに?

免疫力とは“身体を守る力”のことです。風邪をひきやすい人と、ひきにくい人がいますよね。その違いは免疫力が大きく関わっています。 そんな免疫力を左右しているのが「年齢」と「食生活」です。朝と夜が逆転した生活を送っていたり、精神的なストレスを溜め込んでいたりしてしまうと、自律神経が乱れてしまい、免疫力が低下してしまいます。規則正しい生活を送ることはもちろんのこと、適度なストレス解消が身体を健康にする第一歩といえますね。

なんとなく身体がダルイ。それは免疫力が低下しているサイン!?

なんとなく身体がダルく、疲れているなーと感じたとき、「肌荒れ」や「口内炎」ができたことはありませんか?それは免疫力が低下して「風邪」や「インフルエンザ」などにかかりやすくなりますよー、という危険を知らせるサイン。そのサインを放っておくと、ウイルスや病魔に対する抵抗力が落ちてしまい、次第に「胃潰瘍」や「心臓病」、「がん」などの病気にもかかりやすくなってしまいます。

普段からちょっとした身体の変化を見逃さないことも、健康に過ごすためにとても大切になってきます。

寒い冬を乗り切るために、免疫力アップ!!

風邪をひかず、毎日元気に過ごすポイントが2つあります。

1.腸内環境を整える

腸は、食事から摂った栄養素を吸収する、大切な場所です。吸収された栄養素は、身体を作るエネルギーや筋肉となって健康な身体を作っています。また、免疫細胞が一番集中して存在しているのも、腸といわれています。腸には、全身の約7割の免疫細胞が存在しています。便秘や軟便によって腸内の環境が崩れてしまうと、免疫力が低下してしまい、身体の調子を崩しやすくなってしまいます。ですから、腸内を健康な状態に保つことは、免疫力を高めることに繋がり、それが健康的な身体を作る第一歩といえます!

腸内環境を整えてくれるものといえば、やはり食物繊維が大事です。バナナやじゃがいも、納豆などに多く含まれています。 特に、納豆は食物繊維だけではなく、ウイルスや細菌の侵入をブロックしてくれるビタミンB群も豊富に含まれているので、優秀な食材といえます!1日1パックを目安に、さらに免疫食材でもある“ネギ”や“オクラ”などと一緒に食べるのがよりおすすめですよ♪

2.身体を内側からしっかりと温める

これからどんどんと気温が下がり、気温の低下と共に身体の体温が奪われてしまいます。身体の体温が下がると、がん細胞が活発に動き出すということはご存知でしたか?身体を冷すということは、風邪をひきやすくなるだけではなく、重大な病気にも繋がっているということを覚えておいて下さい。とても恐いですよね…。女性は冷え症の方が多いですから、特に注意が必要です!ですから、外側からだけではなく身体の内側からしっかりと温めて、冷えにくい身体を作ることが大切です。

身体を温めてくれる代表的な食材としては、しょうが・唐辛子・にんにくが有名ですね。今では簡単にしょうがを摂ることができる、「しょうが紅茶」なども市販されています。家庭では、オリーブオイルにしょうがや唐辛子を漬けて、ジンジャーオリーブを作り置きしておくと、簡単に毎日の料理に活用できますよ!その他にも、お味噌汁やお鍋、カレーライスなどにいれても、美味しくいただけると思います!

これから寒い冬がやってきます。
今から免疫力を高めて、過酷な北海道の冬を乗り切りましょう♪